スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコ撲滅 (2)

『今日も元気だ たばこがうまい!』 これは昭和30年代に生まれたキャッチコピーだ。 今でも十分生きている。 確かにタバコ吸ってまずかったら病気だし、病んだ時にはタバコを吸う気にはなれないわ。 タバコが健康のバロメータなのは決して間違ってはいない。 しかし思う、この標語を考えた人はその後どうなり、そして今どうしてるのかな。 以来、わたし達はずっと、ずっとコイツに騙され続けたのだ。 タバコ吸う事こそが健康の源であると錯覚させる巧みな商法。 騙された方が悪いのか。騙したもの勝ちなのか。 もしそうなら、今流行の振り込め詐欺と大差なかろう。

だいたい、タバコの種類が多過ぎる。 売らんが為ではあろうが、そこまで至れり尽くせり、ニーズに答えんといかんのか。 役に立つ物ならまだしも、これだけ社会を騒がせているのに。 第一段階として、タール1mg、ニコチン0.1mg 以内。 それ以上のタバコは即刻生産中止。 種類も3種類くらいで間に合うだろう。 まあ、在庫が一掃されるまでは販売を認めても良かろう。多少の混乱は在るだろうが、予告さえ徹底すれば問題なし。JTは余った人員で禁煙グッズの生産にでも切り替えてくれ。 すべては法改正、あなたの健康の為という大義名分だから何でも出来る。 第一段階が3年以内に済めば、完全撲滅へと なし崩しとなる。 税収減は特殊法人の何個かを解体すればお釣りが来る。

何? 夢物語てか。 そんなことは無い。 嫌煙権なる造語が出来てから30年、徐々にではあるが進化している。 ここ10年の分煙化は凄まじいものがある。 完全禁煙の居酒屋、レストランは珍しくない。 先ほど、京都府のタクシー協会が3月から全面禁煙と言っていた。 全国一律となるのも時間の問題だ。 その内喫茶店も殆どが完全禁煙となれば洒落にならなくなる。 とどめはパチンコ屋。 喫煙可の店を探すのは難しい、そういう時代は早晩くる。 どうしたら、人類はタバコとおさらば出来るのか。 買わない、売らない、作らない。 非核三原則みたいだが、何といっても買わないことだ。 それが作らないにつながる。

タバコ不買運動の推進。 禁煙も一種の不買ではあるが運動じゃない。 自分独り良い子では駄目ではないかと思うのだ。 全禁煙者よ立ち上れと言いたい。 散々吸っといて説得力無いかも知れんが、この文読んで一人でも禁煙志願者があれば、それはそれで一つの社会貢献だと思う。 紆余曲折あったけど、わたしがブログを始めた動機はそこにあった。
<つづく>
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すんばらしいわね!

んでもさ、まだまだ愛煙家は多いぞよ!
どこかの国みたいにタバコ一切吸えなくなるように
なったらどうなるんだろ?
ヤミで売るようになるんかな?
どんなに高くなっても吸いたいって人もいるんだろうしね
私は貧乏人だから、喫煙者のままだったとしても買うお金
なくて止めざるをえないんだろうな~
止めといてよかったわ~(*^□^*)

あんがと

タバコ不法所持で逮捕
有りうる話やね。
大々的なタバコ離れが起こらんとね
プロフィール

さてと

Author:さてと
Since 2009/01/13
「楽しく」「面白く」「心地よい」がコンセプト。


  • 管理画面
  • カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。